薬の管理業務

薬剤師はいわば薬のスペシャリストです。
医師と協力して、患者に最適な薬の提供をすることが必要となります。
ただ、提供していない薬はどうするのかというと、それも薬剤師が管理することとなります。
むしろ、どんどん薬が出ていくという事がない状況もあるので、薬の管理についても細部まで行う必要があります。
薬剤師である以上、薬の管理は仕事に必ずと言って良いほど含まれています。

薬と言えば、錠剤のものを想像する方も多いですが、注射器や点滴などの液体関連も管理が必要になります。
固形の薬から、液体の薬、粉末の薬など、それぞれの管理方法が異なるので、そちらの知識も必要になります。
そして、管理していた中から、患者に合わせて薬を提供することとなります。
管理を怠っていると、薬の提供も円滑に出来ないという事態になるので注意しましょう。

ほとんどの病院では、管理に関しては複数人で行っています。
一人の薬剤師が全て管理するというのは、さすがに苦労が大きいです。
それぞれの薬を間違いないように管理するため、他の薬剤師や医師と協力して管理しましょう。
他にも病院内の管理や事務作業なども仕事に含まれることがあるので、パソコンなどを使えると、さらに活躍できます。