薬剤師の仕事

薬剤師になるにはまず、京都大学のように薬学部がある大学や、都築学園の第一薬科大学のような薬科大学へ進学し、薬学について学ぶことが必要です。その後薬剤師国家試験を受験し、合格して初めて薬剤師の資格を得ることができます。
また、難関資格に合格したからといって満足するのではなく、折角取得した国家資格を活かせるその後の仕事についても考えておくようにしましょう。

薬剤師の仕事は、基本的に就業場所によって異なります。
調剤薬局での仕事や病院での仕事、ドラッグストアや製薬会社などによってそれぞれ異なります。
まずは、自分がどの進路先を目指しているのかについて考えてみるのも良いでしょう。
例えばドラッグストアであれば、他の仕事にはない薬の提供と接客を行うことができます。
働いてみたい就業先別に、仕事内容を知っておくことも、学生にとって重要なことです。

このサイトでは、そういった薬剤師の仕事について、どのようなものがあるのかを紹介します。
それぞれの仕事内容を知っておけば、後々卒業してから迷うということは少なくなります。
薬剤師になることを目指してる方や、これからなろうと思っている方は、参考にしてみてください。
正直簡単な仕事はありません。
ただ、やりがいも大きく、人の役に立つことができる仕事です。
自分が目指している理想の仕事像を描いて見てはいかがでしょうか。
そうすれば、先が見えてきます。