服薬指導業務

病院などに行ったことがある方はわかると思いますが、薬剤師の方や医師の方から、薬の服用について指導された経験があると思います。
これを行うのは、薬剤師の大きな仕事の一つとなります。
薬は、用法用量を守れば最適な効果を発揮しますが、飲み間違うと効果が出なくなってしまったり、副作用が出たりしてしまうこともあります。
そうならないように、しっかりと指導することも仕事の一つなのです。

また、患者の方の状態を把握し、それぞれに合わせて薬を選ぶのも仕事です。
腰痛の人に風邪薬を服用させても意味がないですよね。
だからこそ、薬剤師が先頭に立って、服用指導を行うのです。
服用については、患者の方から質問が来ることもあります。
それぞれの悩みについても応えられるようにしておくことが必要なので、コミュニケーション能力も必要となります。

服用については、テンプレができてきているので、風邪などの一般的な病気に関しては、そこまで細かく指導するということはありません。
ただ、病気によってそれぞれですし、患者の方によっては不安になっている方も多いので、しっかりと細かく指導することも必要となります。
薬の飲む量やタイミングについて、細かく説明することも必要になるということを頭に入れておきましょう。