薬の管理業務

薬剤師はいわば薬のスペシャリストです。
医師と協力して、患者に最適な薬の提供をすることが必要となります。
ただ、提供していない薬はどうするのかというと、それも薬剤師が管理することとなります。
むしろ、どんどん薬が出ていくという事がない状況もあるので、薬の管理についても細部まで行う必要があります。
薬剤師である以上、薬の管理は仕事に必ずと言って良いほど含まれています。

薬と言えば、錠剤のものを想像する方も多いですが、注射器や点滴などの液体関連も管理が必要になります。
固形の薬から、液体の薬、粉末の薬など、それぞれの管理方法が異なるので、そちらの知識も必要になります。
そして、管理していた中から、患者に合わせて薬を提供することとなります。
管理を怠っていると、薬の提供も円滑に出来ないという事態になるので注意しましょう。

ほとんどの病院では、管理に関しては複数人で行っています。
一人の薬剤師が全て管理するというのは、さすがに苦労が大きいです。
それぞれの薬を間違いないように管理するため、他の薬剤師や医師と協力して管理しましょう。
他にも病院内の管理や事務作業なども仕事に含まれることがあるので、パソコンなどを使えると、さらに活躍できます。

服薬指導業務

病院などに行ったことがある方はわかると思いますが、薬剤師の方や医師の方から、薬の服用について指導された経験があると思います。
これを行うのは、薬剤師の大きな仕事の一つとなります。
薬は、用法用量を守れば最適な効果を発揮しますが、飲み間違うと効果が出なくなってしまったり、副作用が出たりしてしまうこともあります。
そうならないように、しっかりと指導することも仕事の一つなのです。

また、患者の方の状態を把握し、それぞれに合わせて薬を選ぶのも仕事です。
腰痛の人に風邪薬を服用させても意味がないですよね。
だからこそ、薬剤師が先頭に立って、服用指導を行うのです。
服用については、患者の方から質問が来ることもあります。
それぞれの悩みについても応えられるようにしておくことが必要なので、コミュニケーション能力も必要となります。

服用については、テンプレができてきているので、風邪などの一般的な病気に関しては、そこまで細かく指導するということはありません。
ただ、病気によってそれぞれですし、患者の方によっては不安になっている方も多いので、しっかりと細かく指導することも必要となります。
薬の飲む量やタイミングについて、細かく説明することも必要になるということを頭に入れておきましょう。

薬剤師の仕事

薬剤師になるにはまず、京都大学のように薬学部がある大学や、都築学園の第一薬科大学のような薬科大学へ進学し、薬学について学ぶことが必要です。その後薬剤師国家試験を受験し、合格して初めて薬剤師の資格を得ることができます。
また、難関資格に合格したからといって満足するのではなく、折角取得した国家資格を活かせるその後の仕事についても考えておくようにしましょう。

薬剤師の仕事は、基本的に就業場所によって異なります。
調剤薬局での仕事や病院での仕事、ドラッグストアや製薬会社などによってそれぞれ異なります。
まずは、自分がどの進路先を目指しているのかについて考えてみるのも良いでしょう。
例えばドラッグストアであれば、他の仕事にはない薬の提供と接客を行うことができます。
働いてみたい就業先別に、仕事内容を知っておくことも、学生にとって重要なことです。

このサイトでは、そういった薬剤師の仕事について、どのようなものがあるのかを紹介します。
それぞれの仕事内容を知っておけば、後々卒業してから迷うということは少なくなります。
薬剤師になることを目指してる方や、これからなろうと思っている方は、参考にしてみてください。
正直簡単な仕事はありません。
ただ、やりがいも大きく、人の役に立つことができる仕事です。
自分が目指している理想の仕事像を描いて見てはいかがでしょうか。
そうすれば、先が見えてきます。

病院勤務の薬剤師の仕事について紹介。